研究
 
 平成29年度 研究テーマ
  「幼児の健やかな成長のための保育の研究」
   〜身近な環境に積極的にかかわり、生き生きと遊ぶ子どもをめざして〜

    テーマ設定の理由  
   「幼児の健やかな成長のための保育の研究」をテーマに掲げ、4年目となる。
 昨年度は、自己の思いや考えを表わす「製作活動」に着眼点を置き、環境構成の工夫を図りながら、研究を行った。さらに、これまでも継続してきた異年齢交流や地域の方との触れ合いも活発に行い、園児が親しみや憧れの気持ちをもち、活動への意欲を高めることができた。さらに、隣接する大宮小学校との互恵性のある日常的な交流を通して、小学校教育との円滑な接続を意識した連続性・一貫性のある保育を実践することができた。
 今年度は、年長組1クラスとなるが、前年度までの研究をさらに深化させ、幼児の健やかな成長のための保育を一層充実させていく。
 
   研究テーマにせまる手立て  
   (1)身近な環境との触れ合いの場の設定
(2)製作活動を通してのびのびと自分の思いを表現する場の工夫